ストレスが原因で引き起こる病うつ病とはどのような病なのか

ページトップへ

ドット柄

うつ病の治療

薬物治療

近年では、多くのうつ病治療が行なわれていますが、もっとも多くの方が利用されているのが薬物治療だと言われています。うつ病の方が利用する薬は抗うつ剤と言われていて、脳の神経に神経伝達を行なう物質であるセロトニンなどの成分を分泌させるためのものです。脳に神経の伝達が出来ていないためにうつ状態になってしまっている事がわかっているので、その分泌を薬で調整するのです。このような治療はストレスを軽減させて脳の状態が正常に戻るまでの気休めの治療ですが、治療期間中は必要不可欠な治療だという事を知っておきましょう。

カウンセリング

うつ病は精神的な問題が大きいのはたしかです。この精神面のケアを担当する精神科医の方と行なっていきます。なぜなら、多くのうつ病患者の方はココロに苦しみを抱えている場合が多いので、それを取り除く必要があるからです。専門の医師がカウンセリングを行なうことによって普段は言いにくいことも吐き出せる様になるのです。しかし、自分でうつ病を治すという意志がない場合はカウンセリングを行なっても効果が出ない場合があるのでしっかりと治療する意志を持ちましょう。

薬を減らす

うつ病治療は、節目で薬の量を減らすという試みをおこないます。なぜなら、うつ状態のコントロールを行なっている薬をうつ状態ではないのに摂取する必要はないからです。うつ状態の時に飲んでいた薬をうつではない時に飲んでしまうと、セロトニンなどの神経伝達物質が放出され過ぎて逆に問題になってしまうからです。そのような異常な身体の状態になるのを防ぐために、精神的にも少し安定してきたと判断されたら薬を減らしていく治療も行っていきます。多くの方の場合は薬を減らされると体調の異常を訴えますが、少しずつ減らしていけば直に慣れるので慣れるまでは辛抱しましょう。

現代社会における心の病

私たちは毎日何の不自由もなく暮らしています。科学技術の目覚ましい発展により現在では、多くの物事がシステム化されています。資源や食糧が無かった時代などと比べてみれば、とても豊かな社会生活を送っているということは間違いなく感謝すべき点でしょう。しかし多くの人たちは日々の暮らしに追われ過ぎて生活に埋没してしまい、本来の自分を見失っている場合が多々あります。そういった意味で趣味や遊びを通してストレスを発散することは、健康を維持する上でも重要だと言えるのではないでしょうか。 現代においてはストレスを溜めることによりうつ病などの心の病を発症するこが分かっています。昔の人ほどストレスに耐える力を備えていたと言われています。便利な暮らしに慣れ過ぎた私たちは、それに対応できる耐性力が欠けているを認識することも重要でしょう。

あらゆる分野を利用する

地球上において人類が生まれてから今日まで常に繁栄をしてきました。それは宇宙科学の分野において解明されています。日々仕事に追われる暮らしの中で起こる様々な問題や悩みもあるでしょうが、科学文明のおかげで現代社会が便利になったことは言うまでもない事実です。 地球という巨大な生命体である星にも46億年の歴史の中では滅亡の危機が幾度もありました。それは宇宙科学の分野において解明されています。日々仕事に追われる暮らしの中で起こる様々な問題や悩みによりうつ病になることもありますが、過去地球上で起きた歴史を考えてみることも大切です。 心の掃除をすることはとても大事でストレスを溜めずに生活したいものです。現代科学のあらゆる分野を活用することでうつ病を治すことが出来るかもしれません。昔の人は耐えるということが当たり前だったのです。現代人は便利さと楽をすることをはき違えないよう時代に合わせた努力の仕方というものを意識していくべきなのです。心の持ち方ひとつとも言えます。音楽による心理効果など医療分野以外にもうつ病を治療する方法が考えられています。